カテゴリー
form

資料ダウンロードページ_CLv5

どうやって越える!?生徒数1,000人の壁

この資料でわかること

  • 生徒数1,000人を越えるために必要なこと
  • 拠点を増やす際の課題
  • 拠点をブラックボックス化させない方法

「生徒数300~500人くらいなら、極論すれば運がいいだけでもいけることも あります」。
こう語るのは、全国の学習塾のコンサルティングを行ってきた船井 総合研究所の犬塚さん。

しかし、次のように続けます。「問題はそこから。さらなる経営拡大のためには 生徒数1,000人を越えられるかどうかは大きな分水嶺です。ここが突破でき ると、さらに生徒数を伸ばすことができる。しかし、そのためにはこれまでと同じ 塾運営をしては難しいでしょう」と。

では、1,000人を越えられる塾とできない塾。そこにある最大の差とは何か? 今よりも「一つ上」を目指すためのポイントについてお話をうかがいました。

カテゴリー
form

Comiruサービス説明資料

Comiruサービス説明資料請求&無料トライアル申込

この資料でわかること

  • Comiruサービスの特長
  • 各種機能や使い方について
  • 活用事例や導入による効果
  • 利用料金
  • poperについて
カテゴリー
form

資料ダウンロードページ_CLv1

どうする!?退塾防止

この資料でわかること

  • 地域No1の塾になるために必要なこと
  • 退塾を防ぐために必要なのは成績向上以外に・・・??
  • 保護者との連携強化の方法

退塾を防止し、生徒数を最大化させる。 そのために必要なことは?

 熾烈な競争を繰り広げる塾業界。 その中で、生徒数を最大化させ勝ち残っていくためには、
入塾アプローチよりも退塾防止を強化することが重要―。 
そう語るのは、個別指導システムを全国に広め 「個別指導の第一人者」とも称される多田昭寛先生。 
多田先生に、退塾防止のために大切な点についてうかがいました。
 
カテゴリー
form

資料ダウンロードページ_CLv4

入塾数UPに結びつく!絶対やるべき5つの施策

この資料でわかること

  • 入塾数を増やすには、何をどのように行うべきなのか
  • 優秀な学生講師の採用方法
  • 教室の運営状況の把握方法
  • 時間をかけるべき業務と効率化すべき業務

ご自身で個別指導塾を経営している安多先生に、
入塾者数UPのために実践している施策を5つご紹介していただきました。

これらについて、安多先生はこのように語ります。
「5つの施策は弊塾だから できることではありません。
皆さんの塾でも実施できますし、しっかり取り組めば必ず効果が出ます。
私がコンサルティングさせていただいた個別指導塾の教室も、この5つの施策で着実に成長していますと。

資料を参考に、ぜひ皆さんの塾の経営にも取り入れていただき、さらなる成長 の一助にしてください。

カテゴリー
form

資料ダウンロードページ_CLv3

これでスムーズ!ITツールの導入方法

この資料でわかること

  • ITツールの導入決定のために必要不可欠なこと
  • 誰に、どのように伝えることで導入を進めるか
  • スムーズに運用にのせるためには何が必要か

塾経営の効率化には必要不可欠。
ITツールの導入検討からスムーズな運用、
利用の定着まではどのように 進めるべき?

塾経営においてITツールの導入はメリットが多いことは理解できるものの、
実際導入するにはハードルを感じる。このようなケースがはなくありません。
今までになかった新たな業務が加わるのではないか。
コスト効率はどうなのか。
組織が大きくなればなるほど、導入の意思決定が長引いてしまうことも。

今回は、ITツール導入の検討の仕方から、スムーズに導入する方法、
新しい 仕組みとして現場にうまく浸透させるコツを、
個別教育フォレスト代表・個別指導塾専門コンサルタントの安多秀司さんにうかがいました。

カテゴリー
form

資料ダウンロードページ_CLv2

今考えたい保護者コミュニケーション

この資料でわかること

  • 時流に合わせたコミュニケーション方法の変化
  • 何を「コミュニケーション」するべきなのか?
  • コミュニケーションが塾経営にもたらす影響

保護者への定期連絡。 いつのまにか、電話をかけること自体が目的になっていませんか?

数々の教育機関のコンサルティングを行い、 
経営改善に導いてきた船井総合研究所の犬塚さんに、
望ましい保護者コミュニケーションと、それを退塾防止につなげるための戦略についてうかがいました。

そもそも、犬塚さんの考える「保護者コミュニケーション」の定義とは?