カテゴリー
news

what is Comiru? now and future

POPERがComiruを通じて実現したい社会とその展望

こんにちは。POPER広報チームです。今回は、社内ではよく語られているものの、あまり外部に向けた発信はしてこなかった、POPERComiruの提供を通じて実現したいことや、その実際の事例、今後の展望についてご紹介させていただきます。

Comiruを使って実現したい教育業界への貢献

 

 

 

POPERがMissionに掲げるのは「教える」をなめらかにすることです。そして「教える」というのは人と人の関係性により生まれると考えています。皆様の中にも「恩師」という方がいると思いますが、それは決してAIが導くような教材そのものや、学習法ではなく

その背後にしっかりと存在する「人」があってこそではないでしょうか。

しかし、現在において特に「先生」と呼ばれる方々は多忙を極め、本来「人」だからこそできる価値提供、つまり生徒や保護者との対話に時間を割くのが難しいというのも残念ながら事実でしょう。

 

我々はそのような先生の「不」をComiruの提供を通じて解決し、本来の教育のあるべき姿を実現することをMissonとしています。

 

Comiruが提供する価値

では実際に提供している価値はなんなのか。提供機能はいくつもありますが、大きくわけると2つの価値を提供しています。

 

1つは、コストの削減です。各機能を通じて、文字通りコストの削減、さらには工数削減による人件費の削減という塾経営では避けて通れないコスト面の圧縮に貢献しています。

 

 

 

 

もう1つは、売上のアップです。業務効率化システムとしての側面と合わせ、Comiruを使うことで効率的な保護者コミュニケーションの実現が可能です。

 

 

このコミュニケーションにより、塾にとって大きなマイナスとなる退会を防ぐことに繋がります。

 

また保護者や生徒とのコミュニケーションや教えることに時間をかけることで、通塾生の満足度が高まり口コミにより生徒が増える内部充実の役割にも間接的に貢献させていただきます。

 

 

Comiruを使った具体的な保護者コミュニケーション

いくつか保護者コミュニケーションの例をあげさせていただきます。

 

通塾中の様子はもちろん保護者には見えません。成績が上がっていればまだしも、結果が伴わず何をやっているかわからない、

家では勉強しないという状態になると退会がおこるのは想像に難くないと思います。

 

 

多くの塾では、未だに紙の指導報告書が「生徒」に渡され、通塾の意思決定者となりやすい親には届かないという現状があります。時間を使っているのに、目的が果たされないという状態です。

 

 

Comiruを使うことで、効率的にデジタルの指導報告書を作成し、保護者のスマートフォンに届けることが可能です。また、出席状況や宿題の提出状況をデジタル化することで、退会アラートにしっかりと気が付き先回りしたコミュニケーションを取ることも可能です。

 

 

 

同じくテスト結果や成績の推移データを蓄積すること、さらにそれをしっかりと保護者に届けることがComiruを活用いただくことでスムーズに実現可能です。従来紙やExcel、個人のローカルで管理されていたものをComiruに集約することが塾経営DXの一歩目となります。